Access

VBAで複数選択可能なリストボックスの選択値を取得する方法

複数選択リストボックス

今回は、検索条件として指定する値が、マルチセレクト(複数選択可能)リストボックスの選択値である場合を例に説明します。

複数選択リストボックス複数選択リストボックスの設定

 

例えば、家電の売上データの中から、必要なデータのみ抽出したい場合です。
複数選択リストボックスには以下の項目があるとします。

テレビ
ビデオ
炊飯器
洗濯機
掃除機

この中の、「テレビ」と「ビデオ」を選択し、これを条件に売上データを検索する仕組みです。


このプログラムで、「テレビ」と「ビデオ」を選択した場合、以下のSQL文が作成されます。

SELECT * FROM ●● WHERE 家電 IN (1, 2)

「炊飯器」のみを選択した場合は、以下のSQL文が作成されます。

SELECT * FROM ●● WHERE 家電 = 3

作成したSQL文をサブフォームやリストボックスのレコードソースに使えば、条件に合致するデータを一覧表示できます。

検索条件が1つにも関わらずIN句を使用するのは検索効率が悪そうなので、検索条件が1つの場合は等号(=)で検索するようにしています。

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
中小企業にこそ必要なセキュリティ対策

日々巧妙化する悪意ある攻撃。狙われるのは大企業だけではありません。

セキュリティ対策が追い付いていない中小企業は犯罪者の恰好の餌食です。

情報セキュリティ部門がない、詳しい人がいない…。

そんな時は全部まとめて外部委託して安心を手に入れる方法がベストです!

\セキュリティ対策をまとめて全部NTT西日本にお任せ!/


資料請求はこちらから