Access

VBAでテーブルの存在チェックをする関数

テーブル存在チェック

Accessのテーブルが存在するかどうか確認する関数

テーブルに対して処理をする際に、事前にそのテーブルが存在するかどうかチェックする関数を作成しました。

使用用途

通常「使うはずのテーブルがない」なんてことはありませんが、

テンポラリーテーブルとして一時的に使う場合など、

「テーブルを作成する前に以前作成したテーブルが残っているかどうか確認し、残っていたら削除してから処理を始める。」といったケースがあります。

その際、存在しないテーブルを削除するとエラーが発生します。

エラーコードを見てエラーをスキップしてもいいのですがあまりスマートではないので

まずは一旦テーブルの有無を確認し、あれば事前に削除するという方法がベターです。

実装方法

以下の関数を作成しました。

引数としてチェック対象のテーブル名を文字列で渡し、存在すればTrue、存在しなければFalseを返します。

\逆引き辞書があると便利です/

created by Rinker
¥5,467
(2020/01/28 03:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
中小企業にこそ必要なセキュリティ対策

日々巧妙化する悪意ある攻撃。狙われるのは大企業だけではありません。

セキュリティ対策が追い付いていない中小企業は犯罪者の恰好の餌食です。

情報セキュリティ部門がない、詳しい人がいない…。

そんな時は全部まとめて外部委託して安心を手に入れる方法がベストです!

\セキュリティ対策をまとめて全部NTT西日本にお任せ!/


資料請求はこちらから