Kintone

KintoneのルックアップフィールドをJS(JavaScript)でクリアする

JavaScriptを使ってKintoneのフィールド値を変更する場合など、値のセットと同様、クリア処理も必要になるケースが多いですよね。

値の代入はValueにセットする形で実装できますが、2019年7月以前はクリア処理ができませんでした。

今は以下のJSでクリアできるのでご確認ください。

ルックアップフィールドをクリアする方法

record['ルックアップフィールド'].lookup = 'CLEAR';

なお、「ほかのフィールドをコピー」で関連付けるアプリからフィールドコピーしている場合も、入力値として設定しているコピー元のフィールドをに対して’CLEAR’することで全てクリアされます。

別途Valueに'[]’を設定する必要はありません。

CLEARは大文字です。小文字はNGなのでご注意ください!

ルックアップフィールをクリアするサンプルPG(コピペOK)

レコード再利用の際に、コピーしたくないルックアップフィールドをクリアするサンプルPGです。

(function() {
  "use strict";

  kintone.events.on(['app.record.create.show'], function(event) {
    //再利用だったら
    if (event.reuse) {
      var record = event.record;
      record['ルックアップフィールド'].lookup = 'CLEAR';
    }
    return event;
  });
})();

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
アマゾン法人会員を上手に活用しましょう!

アマゾンの法人会員、「Amazonビジネス」活用してますか?

事務用品からノベルティ、インセンティブなど通販を活用すると非常に便利ですよね。

Amazonビジネスなら、請求書払い・見積書発行など法人に特化したサービスが受けられます。

\Amazonビジネスをもっと活用しよう/

Amazon法人会員のメリットをチェック!