QlikSense

QlikSenseでピボットテーブルに行合計を表示する方法

ピボットテーブルで各列に集計データ(SumやCountなど)を表示している場合、さらにそのデータの行合計を表示する方法です。

ストレートテーブルの場合、行の合計・列の合計も割と簡単に表示できるのですが、ピボットテーブルの場合はひとひねり必要な部分もありますので、お困りの際は参考にされてくださいね!

ピボットテーブルを作成する

まずはベースとなるピボットテーブルを作ります。

今回は顧客IDを軸に、来店回数毎のポイントを表示しています

もちろん、顧客によって来店回数は異なります。

※サンプルデータがあまりよろしくなくてすみません(;^_^A

顧客ID
来店回数
メジャー ポイント(集計する場合はSum(ポイント)などの計算式)

行合計を表示する2つの方法

列の合計をONにする

列(今回の場合来店回数)の合計をONにすればOKです。

日本人的には合計は右端に表示したいのですが、仕様ですので仕方ありません。

この方法には2つ、難点があります。

  1. メジャーが集計値ではない場合の合計表示が正しくない
  2. 複数のメジャーがあるとき、合計を表示する項目を限定できない

メジャーが集計値ではない場合の合計表示が正しくない

あれ?合計が表示されない…。

メジャーが集計値でない場合(メジャー:ポイント)、合計が表示されませんでした。

基本集計値にすればいいので問題ないのですが、1列1行でユニークな場合わざわざ集計しなかったりするので注意が必要です!

複数のメジャーがあるとき、合計を表示する項目を限定できない

例えば、複数のメジャーを表示している場合、

例:来店日と接客担当者、来店ポイントなどを表示している

合計をONにすると、来店日や接客担当者の合計も表示します。項目を選んで表示することはできません。

aggr()関数を利用する

次に列として合計値を表示する方法です。

列の最後尾に「ポイント合計」という名前の項目を追加します。

項目にはAggr()関数をセットします。

=Aggr(sum([ポイント]), [顧客ID])

これでポイント合計を表示することができました。

Aggr()関数は計算式を軸として利用できる大変便利な関数です。

引数には計算式と軸を指定します。

こちらも方法にも1つだけ難点があります。

Aggr()関数の出力結果は文字列として表示される

表示された値が左寄せで表示されています。

この場合、データをEXCELなどにエクスポートすると、数値が文字列として保存されますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?私は2番目の対応方法が自由度が高くておすすめです。

お好みの方法でどうぞ♪

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
中小企業にこそ必要なセキュリティ対策

日々巧妙化する悪意ある攻撃。狙われるのは大企業だけではありません。

セキュリティ対策が追い付いていない中小企業は犯罪者の恰好の餌食です。

情報セキュリティ部門がない、詳しい人がいない…。

そんな時は全部まとめて外部委託して安心を手に入れる方法がベストです!

\セキュリティ対策をまとめて全部NTT西日本にお任せ!/


資料請求はこちらから