Access

Accessで最大(最小)以外のデータを削除する方法

重複削除

取り込んだデータに重複情報がある場合、min関数やmax関数を使って1データのみ取り出すことがありますね。

select文で必要な情報のみを取り出せばいいのですが、そもそも重複データがいらない場合は削除してしまった方が後処理が早いです。

  • アンケートを取得したが同じ人が複数回回答していて最新情報しか必要ではない。
  • 来店情報を貯めているが、今回は直近の来店情報のみを後処理で利用したい。

削除クエリーで一気に削除

DELETE T1.* FROM 来店履歴 AS T1 WHERE T1.[ID] Not In

(SELECT TOP 1 ID FROM 来店履歴 AS MAX1 WHERE MAX1.顧客名 = T1.顧客名 ORDER BY MAX1.来店日 DESC)

削除クエリーの解説

今回の例では、来店履歴のテーブルに以下のように1人の顧客に複数のデータがある状態を想定しています。

この情報の中から、直近以外のデータを削除するクエリーをご紹介しています。

来店履歴
ID 来店日 顧客名
1 2019/07/01 田中 太郎
2 2019/07/02 田中 太郎
3 2019/07/11 田中 太郎
4 2019/07/23 佐藤 花子
5 2019/08/01 佐藤 花子

イメージはこんな感じです。

削除対象

全ての来店履歴の中からTOP1の来店履歴以外のデータ(水色の部分)を削除します。

具体的には、来店履歴から「TOP1だけを抽出したTOP1来店履歴」に存在しないデータ(Not In)を削除するというものです。

顧客名で紐づけ

【SELECT TOP 1】文で来店日が最大の1データのみ取得します。

【ORDER BY MAX1.来店日 DESC】で来店日の降順でデータを取得することで直近の来店日がTOP1となります。

よって、初回来店日が欲しければDESC句を削除しましょう。

このクエリーを実行することで来店履歴テーブルのデータは以下のようになります。

来店履歴(直近のみ)
ID 来店日 顧客名
3 2019/07/11 田中 太郎
5 2019/08/01 佐藤 花子
ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
中小企業にこそ必要なセキュリティ対策

日々巧妙化する悪意ある攻撃。狙われるのは大企業だけではありません。

セキュリティ対策が追い付いていない中小企業は犯罪者の恰好の餌食です。

情報セキュリティ部門がない、詳しい人がいない…。

そんな時は全部まとめて外部委託して安心を手に入れる方法がベストです!

\セキュリティ対策をまとめて全部NTT西日本にお任せ!/


資料請求はこちらから