Access

Accessの画面描画時のちらつきを防ぐ(一時的に非表示にする)方法

描画時のちらつき、処理中の画面

Accessの画面に表示するデータをあれこれ操作していると、ユーザーには見られたくない描画状態が発生したりします。

例えばフォームのソースにワークテーブルを使っている場合など、再検索したタイミングで一旦ワークテーブルを削除したりすると一瞬以下のような画面が表示されたりします。

ワークテーブル削除

画面表示をOFFにする

こんな時には、検索処理(描画処理)をする前に以下のコードを追加します。

Docmd.Echo False

このコードで画面描画をOFFにし、処理が完了したらONにすることで処理中の画面のちらつきや見せたくない状態を非表示にすることができます。

尚、処理が完了したら必ずEchoをONにするコードを入れることを忘れないようにしましょう。

 

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
中小企業にこそ必要なセキュリティ対策

日々巧妙化する悪意ある攻撃。狙われるのは大企業だけではありません。

セキュリティ対策が追い付いていない中小企業は犯罪者の恰好の餌食です。

情報セキュリティ部門がない、詳しい人がいない…。

そんな時は全部まとめて外部委託して安心を手に入れる方法がベストです!

\セキュリティ対策をまとめて全部NTT西日本にお任せ!/


資料請求はこちらから