Access

VBAで数値と文字列を操作する便利な関数

Access数字と文字列

VBAで数字を文字列に変換する際に便利な関数をあれこれご紹介します。

数字に0パディングして桁数を合わせて文字列変換する

Format関数を利用して整形する

Format関数を使って、指定した形式に整形する方法です。最もポピュラーな方法かと思います。

ちなみに、cntに3桁以上(1000以上)の数値を指定してもエラーにはなりません。

引数の値がそのまま文字列となります。

日付の月や日の場合

日付型の場合は、第二引数に”mm”とすることで、1月~9月までの場合、01~09の形式でデータを整形することができます。

文字列から数値のみ取得する

単位がついた文字列から値のみ取り出したいときに便利です。

(例)1,000円→1000

Val()関数を使うことで文字列から数字のみ取り出すことができますが、いくつか難点があります。

文字列の途中に数値以外の文字があった場合は、以降の文字は取得できません。

もはや数字の表現の1つであるカンマ(,)も文字とみなすため、Val(“1,000”)では戻り値は1です。

上記の例では、2回目のVal()関数で、先にReplace()関数を使ってカンマ(,)を消しています。

これで1000を取得できます。

ABOUT ME
アズビーパートナーズ
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。