Access

パラメータクエリーに引数を渡してVBAで実行する

パラメータクエリー(アクションクエリー)に引数を渡してVBAで実行するサンプルプログラムです。

コピペでご利用ください。※ご利用は自己責任でお願いします。

パラメータークエリー
パラメータクエリーのススメAccessのクエリーで抽出条件を直接書いている方へ、パラメータークエリーをおススメします。条件を直接記入していると条件が変わるたびにクエリーの修正が発生しミスを誘発します。思ったより簡単ですのでぜひパラメータークエリーに変更してみてください。...

 

''------------------------------------------------------------
'   処理内容:パラメータクエリーに引数をセットして実行
'   引数:
'   戻り値:なし
'------------------------------------------------------------
Private Sub RunParamQry()

    Dim strsql          As String
    Dim myDb            As Database
    Dim myQdef          As QueryDef
    Dim strFormName     As String
    
    On Error GoTo Err_Exit
    
    '警告OFF
    DoCmd.SetWarnings False
    
    Set myDb = CurrentDb
    
    '引数に定義済みのクエリーの名前を指定
    Set myQdef = myDb.QueryDefs("Qryname")
    
    With myQdef
        'パラメータ(ID)に値をセット
        .Parameters("ID") = 123
        'アクションクエリーを実行
        .Execute
    End With
    
    'クエリー定義の開放
    Set myQdef = Nothing: Close
    
    '警告ON
    DoCmd.SetWarnings True

End Sub
アクションクエリで処理した件数(レコード数)を取得する方法Accessでアクションクエリを実行する方法はいくつかあります。 直接クエリを実行する方法・VBAからSQLコマンドを実行する方法...
ABOUT ME
アズビーパートナーズ
プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 情報システム部門のご相談を承ります。 得意な分野はAccessによる短納期開発、 BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。
今のスキルのままで大丈夫?

あなたのスキル。今のままで大丈夫ですか?

時代のニーズに合った開発スキルを身につけてあなたの価値を高めましょう。

\オンラインでも教室でも学べるおすすめのスクール/

TECH::CAMP(エンジニアスクール)

まずは基礎から・・・という方はProgateUdemyどっとインストールなどがおすすめ!

スキルアップについて詳しくはこちら